営業

個人営業
法人営業


 職種一覧 ※ 職種をクリックしてください該当箇所へリンクしています
銀行法人営業
証券会社法人営業
保険会社法人営業
運用会社の投資信託営業推進


銀行法人営業
業務内容  銀行で法人顧客への総合的な提案営業。融資のみならず投資商品などの案内・販売を含めた総合的な提案を行う業務。
要件  銀行・証券会社での法人営業経験者
【TOPへ】
証券会社法人営業
業務内容  大手事業法人・金融機関・中堅事業法人の担当者としてファイナンス・財務戦略などの総合提案サービスを行う業務。
要件  大手・中堅証券会社での法人営業経験者で、ファイナンスや財務など幅広い経験が必要。英語が堪能であれば、報酬も職位も年齢に関係なく努力次第の外資系を狙うのも一つの選択肢ではある。
【TOPへ】
保険会社法人営業
業務内容  保険会社の法人営業担当者として、銀行など金融機関販売チャネルの開拓と個人保険等の販売推進を担うホールセラー職、近年成長が著しい保険ショップをはじめとする保険代理店チャネルを通じた終身保険・医療保険等の販売推進を担う代理店営業職、また、中小企業を対象とする福利厚生目的の生命保険の営業などがある。
要件  ホールセラー職は保険会社の同業務経験者だけでなく、金融機関の投信販売経験者が採用されるケースもある。また、代理店営業職や中小企業向け生保営業については、中堅クラスについては金融業界での営業経験者が求められるが、何らかの営業経験がある第二新卒等の若手であれば金融業界経験がなくても採用される可能性が十分にある。
【TOPへ】
運用会社の投資信託営業推進
業務内容  銀行など投資信託販売を行う金融機関に対して、自社商品の取り扱いがない金融機関の開拓や自社商品の取扱がある金融機関への追加商品導入を働きかけるマーケター職、そして、実際に投資信託の販売を担当する本支店の営業担当者に対する商品説明や販売スキルの講習、各種セミナーの実施支援を行うプレゼンター職がある。規模が大きな投信会社はマーケター職とプレゼンター職が独立していることもあるが、大多数の投信会社は両方の仕事を兼務している。
要件  投信会社での実務経験を必須とするケースもあるが、実際には銀行や証券会社で投資信託を自ら販売していた経験が数年ある方が採用されることが多いのが実態。CFPや証券アナリストといった資格をもっていたり、支店勤務の後に本社の投信関連部門で勤務した経験がある方は歓迎される。
【TOPへ】 【閉じる】